未来人財
一級土木施工管理技師になるには
一級土木施工管理施工技師

この仕事に就いた志望理由・きっかけ

イベントの企画や裏方がしたくて、大学時代に当社でアルバイトをしました。武術経験が必要かといえばそんなことはなく、人との会話が好きな自分にピッタリくる仕事でした。

仕事の内容

アイドルの握手会や地元のお祭りなど、イベント会場で誘導や手荷物検査をします。
人が集団でいると何が起こるか分かりません。常に緊張感を持っていますが、だからといって威圧的に振舞うのではなく、お客様に協力していただける言い方・伝え方を考えます。たとえ一千人がその場にいても、1人ひとりの心に私の声を届けなければいけない。「大勢の人」ではなく、「その人」と「自分」の関係なんです。

今の仕事の喜び

人とのつながりを感じられることです。警備員同士の協力はもちろん、イベントスタッフや来場されたお客様もです。警備は皆さんの協力無しには成り立ちませんから、その場にいるどの人も欠かせないんです。

警備の仕事とは

今までも、これからも自分を成長させてくれるものです。感謝する大切さと、どう振舞えば周りの人が快適でいられるかを学びました。
警備は男というイメージを払拭したいです。警備には「守る」と「接する」という面があり、男女がそれぞれ活躍できる仕事だと思います。

学生・生徒にエールを!

しゃべることが好きな人に向いています。想いを込めて取り組めば、すぐに伸びますよ!




建設現場の事務職員	になるには
事務職員

この仕事に就いた志望理由・きっかけ

「人の役に立つ職に就きたい」と思って就職活動をしていたときに、先生から警備の仕事を勧められました。

仕事の内容

平日は道路舗装工事や建築工事などの交通誘導警備を、休日はショッピングセンターの駐車場警備、お祭りの雑踏警備などを行っています。

仕事の喜び

自分が警備する現場で、全ての人が安全であることです。工事現場であれば、工事業者さん、近隣住民の方、通行される方たち。イベントであれば参加される方や関係者の方。その中で「誘導お疲れ様、ありがとう」「警備お願いしてよかった」といった感謝の言葉をいただけることが大きな喜びです。

警備の仕事とは

「信頼」です。私たちは警察官と違って法的に特別な権限はありませんから、皆さんに協力していただくことが必要。そのために立ち振る舞い、身だしなみ、言葉遣い、誘導合図など全てにおいて信頼を得られるように日々努力してます。

これからの夢

警備業に若い世代が増えるよう、自分の姿を魅せていきたいです。また、知識や経験を増やして、身に付けたものを後輩に教える立場を目指します。

学生・生徒にエールを

どんな仕事でも働いてみないと分かりません。自分の感性で『目指したい』と言う気持ちが芽生えたなら、そこに向かって一歩踏み出してはいかがですか?




この職業の企業・法人情報

東警株式会社

HP:http://www.t-keibi.co.jp/

Copyright © なるには新聞 / 未来人財開発プロジェクト. All rights reserved.