未来人財

チャンスをくれた奨学金制度

小さな頃から看護師に憧れて、幼稚園の卒業文集にも「看護師になりたい」と書いていました。「人の助けになりたい」という気持ちが固まってから歯科助手や医療事務を経験したのですが、看護師さんに対応をお願いする場面も多く、できない自分に落ち込むこともありました。そのころ家族から当院の奨学金制度を聞いて、働きながら看護師資格が取れることを知りました。

「働きながら学ぶ」ことで得られたもの

午前中は准看護師として働き、午後は看護専門学校に通っています。准看護師資格も働きながら取得したものです。
初めて採血したときは戸惑いましたが、これは学校に行くだけでは経験できないことです。現場で業務や器具を見ることで学べるものがたくさんあります。
今はまだ自分の技術不足を感じますが、先輩は「慣れることが大切」と言ってくださいます。他の病院と比べるといろいろな経験をさせていただけているようですね。学校の友達と、お互いの職場の話もするんです。当院は学校の後に仕事に戻ることはありませんし、きちんとお休みもいただけるので、無理なく生活できています。

学生、就活中の若者へエールを

就職や資格取得にはさまざまな制度があるということを知ってほしいです。選択肢が増えれば、きっと自分に合った道が見つけられますよ。

病院で出会った方々から学ぶ「人間性」

患者様が元気に、笑顔になっていただくことが看護の仕事です。不安を少しでも和らげるために、処置だけでなくコミュニケーションも大切にしています。スムーズな医療対応にも普段からの信頼関係が必要ですし、いろいろな患者様と関わることで学ばせていただくこともできます。
今は正看護師を目指して勉強中です。職場にいらっしゃる上司の方を目標にしていて、その方は誰にでも心を開いてもらえる、すごい先輩なんです。その技術や話し方をお手本にして、いつかは先輩のようになりたいと思います。経験しながら、刺激を受けながら学べるのは私の強みですし、なにより楽しいですね。




この職業の企業・法人情報

医療法人 共生会
みどりの風 南知多病院

HP:http://kyoseikai.or.jp/