未来人財
一級土木施工管理技師になるには
一級土木施工管理施工技師

この仕事に就いた志望理由・きっかけ

高校時代のアルバイトで業界に興味をもちました。仕事にするか迷っていたころ、実家の近くで大きな橋の工事が始まったんです。帰省するたびに出来上がるのを見て、地図に残る仕事なのだと実感しました。みんなが使うもの、生活の基盤になるものが作りたいと覚悟が決まりました。

今の仕事、やりがい

東北で東日本大震災からの復興に関わっています。今は漁港復旧の施工管理、いわゆる現場監督をしています。今までの土木の経験を活かして復興に関わることができています。私の年齢でこれほど大きな仕事を任せていただけるのは、自分の成果をダイレクトに評価してもらえる地元企業ならではです。
現場が1つになって仕事をし、建物が完成したときにやりがいを感じます。自分が造った道路が使われていたり、公園で遊んでいるのを見ると「社会のためになっている」と実感できます。

これからの夢

漁港は仕事と生活の基盤です。一日も早く復旧して、皆さんに便利な生活を提供したいです。
土木工事の現場には同じものが無くて、毎回違う条件で考えるのが楽しいんです。色々な工法や工事を経験したいと思っています。

学生・生徒にエールを

なんとなく勉強をするのはめんどくさいもの。自分もそうでした。でも無理に夢を探す必要はありません。少しの興味がきっかけになって、意識が得られると勉強も就職活動もやりやすいですよ。


建設現場の事務職員	になるには
事務職員

この仕事に就いた志望理由・きっかけ

保育士を目指していたのですが、女性の多い職場が合わず長続きしませんでした。いくつかの仕事を経て人材派遣会社に所属し、そこで宇佐美工業と出会いました。土木に興味があったわけではなく、本当にたまたまでした。でも関わってみたら面白くて、現在は社員として仕事を続けています。

今の仕事、やりがい

コンピューターで事務をしています。最初は「現場」がイメージできず、皆さんの日々の仕事が知りたいと思って、ヘルメットかぶって見学に連れて行っていただいたんです。現場ってすごく雰囲気が明るくて、皆笑って仕事をしてるのが凄いなって思いました。
失敗して叱られたこともありますが、分からないことは現場の方が教えてくださいます。娘のように接してくださる方もいますし、人間関係がさっぱりしてて楽なぐらいです。「現場を支えてる」っていうと大げさですが、ありがとうと言ってもらえると嬉しいです。
建物として残る仕事は楽しいです。それを皆さんに使ってもらえるのはすごく素敵ですね。

これからの夢

次は土木の工程を勉強させてもらう予定です。間近で見てると「現場って良いなー」って思うんです。なかなか一気には踏み出せませんが、じわじわとドボジョになりつつあります。

学生・生徒にエールを

自分の興味なんて、どこにあるか分かりません。ころころ変わっても大丈夫。不思議なめぐりあわせがありますから、そのきっかけを大切にしてください。




この職業の企業・法人情報

宇佐美工業株式会社

HP:http://www.usamikk.co.jp