未来人財

この仕事に就いた志望理由・きっかけ

私は子育てをしながら介護職をしています。小1の娘が遊びに来ると、認知症の利用者様から毎回、「お名前は?」と聞かれます。皆さんご病気で忘れてしまわれるんですね。でもときどきお互いがかみあう日があるんです。言葉というか、気持ちかな。同じように見えても毎日変化があるんですね。 当施設ではオムツなどの世話は同性のスタッフが行うので、利用者様からも気を許していただきやすいです。介護をする側としても、女性が男性の介護をするのは体格的に大変ですから助かっています。 「年を取ると子どもに返る」と言われますが、本当に皆さんが可愛くて、いとおしい。子どもと一緒で嘘がないので、100%で笑い、怒るんですね。人間って面白いと思います。

学生・生徒にエールを

「大変な仕事」と言われますが、私は好き。大変なことがあっても「いとおしい」という気持ちが乗り越えさせてくれます。作業よりも人を見ているからでしょうね。皆さんも自分が好きだと思えることを見つけてください。




この仕事に就いた志望理由・きっかけ

従来型の特別養護老人ホームで介護職をしています。 初めは業務をこなすだけで精一杯で、自分から何かをするなんてできませんでした。そのとき上司から「3年が節目だ」というアドバイスをもらったんです。確かに3年で見えるもの、気づくことが増えました。たとえば認知症の方と接するときも、程度や性格に合わせて対応をしないとかえって状態を悪くしてしまうことがあります。同じような仕事に見えても相手に合わせてやり方を変えたり、先読みをして自分から仕事が出来るようになりました。 やりがいといっても特別なことがあるわけではないんです。日々皆さんと接することが楽しくて。大げさなことじゃなくて、普段の生活が続くのが良いですね。

学生・生徒にエールを

介護の仕事には特別な適性は必要ありません。最初は戸惑いもあるでしょうが、お互いに気持ちが伝われば自然体で働くことが出来ます。休みもとりやすいですから、自分のペースに合わせて仕事をしていくことができますよ。




この職業の企業・法人情報

社会福祉法人 和進奉仕会

HP:http://washin.or.jp/