未来人財

この仕事に就いた志望理由・きっかけ

小学生の頃に祖母が腰の痛みを訴えたことがあり、寝返りや起き上がりなどが辛い方々の助けになりたいという思いが強くなり、中学生のときに、理学療法士になろうと決めました。 母親が看護師をしていて、整形の病院に勤務しているため、進路についても相談して専門学校を選びました。

今の仕事、やりがい

施設の入居者の方が日常の生活をする上での基本的な動作をケアしています。 早く在宅復帰をしていただけるように、一人ひとり、その人に寄り添ったリハビリを心がけています。歩行に支障があった方がリハビリによって歩けるようになり、「もう少しリハビリ頑張るわ。歩くけるようになって楽しい。西川さんにリハビリをやってもらって良かった」と言っていただいたり、リハビリに前向きになっていただいたりするとうれしいですね。

これからの夢

利用者さまの思いに対して、それを実現してさしあげることができるように、技術面においてももっとレベルアップした理学療法士になりたいと思います。

学生・生徒にエールを

多くの人と関わることができる仕事、出会える仕事は、そんなに多くはないと思います。 さらに、その人の人生に深く関わり、親身になってできる仕事であり、人生の大先輩ばかりなので、逆に、利用者さまからいろいろなことを気づかせていただける点も、この仕事の素晴らしいところだと思います。


この仕事に就いた志望理由・きっかけ

高校1年のときに、祖父がガンになりましたが、デイサービスに行き楽しそうに、笑顔になったのを見て、福祉施設で働くことを考えるようになりました。 母親が看護師で勤めるクリニックに高齢者の方がたくさんいらっしゃるのを見ていたこともきっかけのひとつになったと思います。 おじいちゃん、おばあちゃん子だったんです。

今の仕事、やりがい

老人保健施設は、特養と異なり、「自宅に戻ること」を目標としているので、そういった点が自分にはやりがいがある施設だと思いました。ケアプランや目標設定をして、ご自宅に戻れるように段階的にケアを進め、スタッフ全員でチームワークよく実施し、ご家族の協力もいただきながら、重度の利用者さまが実際にご自宅に戻られることができ、その笑顔をみたときは、この仕事をやっていてよかったと思いましたね。

これからの夢

勉強会などでスキルアップして、もっと知識も高め、利用者さまの表情や行動から、何を必要とされているのかを汲み取れるようになりたいです。

学生・生徒にエールを

介護の仕事は、「大変な仕事」と言われますが、お年寄りの方から、たくさんの経験を聞かせていただいたり、その方の人生を教えていただいたり、そんなことができる職業は他にないと思います。人と関わる仕事がしたいと思う人には、とても素晴らしい仕事だと思いますよ。




この職業の企業・法人情報

医療法人 幸会

HP:http://www.mizusato.or.jp/